老人性イボには気をつけよう|化粧品でケアして美肌を保つ

女性

生まれ変わりをサポート

横顔

跡の種類

「古い角質が剥がれ落ちて新しい細胞が生まれ変わる」これを肌の生まれ変わりという。ニキビ跡は、代謝がうまくいかず古い角質が溜まったままになっている状態である。美白効果のある化粧品を使用すると、できてしまったニキビ跡も薄くなる。シミを肌の表面に押し出して排出させてくれるという。ローションはけちらずにたくさん使うのがポイントである。少ないといっこうに効果が出ずに終わることもある。ニキビ跡には赤みのあるものと紫色になったもの、茶色くなったもの、クレーター状になったものがある。赤みがあるのはまだ内部で炎症をおこしていて、紫色に変色したものは中で内出血して血行が悪くなっている。茶色くなっているものは、色素が沈着した状態である。

美白効果の高いフラーレン

現在美白成分で「フラーレン」が知名度を上げている。この成分が入っている化粧品が、世の中にじわじわ浸透しているという。フラーレンは、内部で転がってメラニンを吸着する成分である。見た目はサッカーボールのようなかたちをしている。ビタミンCの100倍以上の抗酸化作用があり、肌細胞をフレッシュに保ってくれるという。フラーレン配合の化粧品を使い続けることで、ニキビ跡やくすみも次第に目立たなくなる。夏に紫外線防止をしているのに、冬にUVケアを怠っている人が意外と多い。実は冬でも知らずのうちに紫外線を受けている。10年後に肌を比べてみると、冬にUVクリームを塗っていた人と塗らなかった人と差が表れてくるという。